あぬブログ

▓▓▓▓を理解する100の方法

アイドルタイムプリパラは放送局が0になっただけで終了しておらず今も確かに放送し続けている

別に言わなくても良いこと言ってしまうのやめたいね
 
 
 
今回は最近見た映画の感想とかです。
以下の映画の感想をネタバレも辞さずに書くのでちょっとでも嫌な人はここで帰ってほしい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
-----------------------
ペンギンハイウェイ
ソラリスやんけ!!!!!!!!!
 
森見って人が嫌いなのであまり見る気はなかったけど
”お前ら”と同じでTwitterに影響されやすいので
おねショタと聞いてホイホイ見に行ったんですよ
 
内容自体は少年の不思議なひと夏の思い出くらいみたいな感じで
子供向けの夏休み映画としてはまあええんちゃうのくらいの内容で
深く語れるような作品ではなかった。
 
そもそも子供向けの夏休み映画って侮れないからね
かの、「ミュウツーの逆襲」、「ぼくらのウォーゲーム」もそのジャンルなので、
それらの名作に比べれば遥かに見劣りする出来だと感じたんだけど
 
それでも良いところを上げろと言われれば
主人公のアオヤマ君は冒頭でも「僕は大変に頭がよく」と自称しているように
本来であれば天才キャラとしてのアオヤマ君が主人公として確立している所で
論理的にペンギンとおねえさんの謎を推理していて、見ていて非常に気持ちが良かったという所かもしれん。あとかわいい。
 
アオヤマ君は
『怒りそうになったらおっぱいのことを考えるといいよ。そうすると心が大変平和になるんだ』
と言っていたのだけれども
 
 最終的にアオヤマ君が完全に理解出来ていないまでも
自分がお姉さんのおっぱいが気になる、好きだという「芽生えかけた性欲」と
お姉さんへの「好き」という感情は全く別物だと小学生なりに答えを出している所が好きです。
 
蒼井優演じるフレッシュな魅力に溢れたお姉さんもまた好きです。
 
アントマン&ワスプ
全てにおいて普通、ちょうどいい。
 
メキシコ系がいっぱい出ていて陽気でゴキゲンな映画でしたね。
ただ、ゴーストの能力の発露とワスプの母親がいた量子世界との繋がりが未だにわからなくて、 え?何で???と思ってる間にアントマン以外全員粉になって終了してしまった。
 
そういう意味ではヒーローごちゃ混ぜでも万人にわかりやすい内容と展開だった
インフィニティーウォーはかなりの優等生だったんだなって思ったね。
 
あとあまりアリが活躍していなかったな。
 
余談ですが劇中でも流れていたラクラカチャはらくがきんちょのテーマの元ネタなの
最近になって気づきました。
 

www.youtube.com

ラクカラーチャに関しては歌自体がメキシコと強い関連性があり、

パンチョ・ビリャとかメキシコ革命とかと

一緒にぐぐると結構いろいろな文献が出てきて読み応えがあります。

 

メグザ・モンスター
低予算サメ映画の脚本を中華マネーでA級の予算で作った感じ
 
中国資本の映画なので舞台は中国なのがあーって感じだし
ハゲと中国人とのロマンスがあったのもあーって感じ。
サメ映画としては結構良かったけど中国マネーの存在を端々で出ていて
あまり集中できなかった。
 
でも途中で流れるタイ語版のHey Mickey!は結構好きだったりする
 
あとはメガロドンの倒し方もどこかで見たようなことがあるようなやつだったけど
サメ映画では見たことなかったので結構好きかもしれない。
 
タイ語版のHey Mickey!然り、所々ハリウッド大作からズレたような、
風景とか人が印象に残ったので、タランティーノが好きそうな印象。
 
 
正直、ジュラシックワールド炎の王国と同様「つまらなかった」という人が
多数を占める映画だと思う。
だからこそ、俺はあえて肯定してみたい。
 
そもそもフリクリオルタナプログレっていう作品は
日本での放映を待たずして、既に海外でプログレオルタナの順でテレビ局で放送済みとのこと
もとが計6話でひとまとまりの作品なので、映画化する上でちょっとおかしな構成になっていたわけらしい。
 
初代FLCLが90年代型のコギャル女子高生を終わらせた作品であるとするならば、
FLCLオルタナはいわゆる2010年代に大量発生したふわふわ日常系女子高生を終わらせた作品であったように思う。
 
主人公の髪型がけいおんの唯と同じ髪型だったのもこの考証を裏付ける要素かもしれない。
 
最終話で最低な別れ方をしてしまったペッツに対して「それでも大好きだ!戻ってきて」という気持ちを叫び、トップレスとしての能力を開花した主人公が、エキゾチックマニューバを発動し、別次元の地球を引き寄せ、そこでまた”架空の仮想の”代わり映えのない日常を再スタートさせる。
 
でも、頭上にあるのはメディカルメカニカ製のアイロンで真っ平らでつんつるてんになった元いた地球。どうしようもどうにもならなかった地球。もうもどれない日常。
  
親友には裏切られたまま、
それでももう変わってしまった、終わってしまったものを否応なく毎日見せつけられながらそれでも新しい世界で生きていかなければならない。という。
ふわふわの日常なんていつまでも続かねえよ17歳!
というメッセージをこめた、かなりのハードなバットエンドだと受け止めた。
 
延々に続く日常描写には食傷気味だったけど、すべてが5話のための伏線であるとするならば、楽しくずっと続くはずだった何気ない日々が全部嘘だとわかるのはなかなかに堪えたな。
 
ただ、各キャラの味付けはともかくとして、掘り下げが足りない感じがした。急に5話になってペッツが~~とか言われても、存在感なさすぎて、ああいたね、くらいにしかならないんだよな。
 
確かに、アクションも派手じゃなく、何が言いたいのかさっぱりわからない作品であったのは確かなんだけどなんか嫌いになれないそんなフリクリだった。
 
てかさ~~~~~~~~~~~~~~~
 
正直、聡明なアニメファン、映画ファンの皆様ならもはや往年のリメイク作品に過度な期待をするのは止めフラットな気持ちで見るのはもはや公然の規約だと言えるので、
(特にフリクリオルタナプログレは作り手の半分以上が別の人物だしね…)
今回のフリクリもまあ、穏やかな気持ちで見てあげましょうやと言いたい。
 
てかよ!お前ら近年のリメイクでいい思いをしたのってマッドマックスくらいなもんでしょうが!
 
スターウォーズはどうなったよ?デビルマンクライベイビーは??
 
もういい加減気づけ!
 
ただ一つ言えるのはこの先どんなフリクリが出てくるにせよ、心のフリクリが汚されることは無いですよ。たぶんね。
 
オルタナが楽しみです。
 
以上、別に言わなくても良いことでした。

プリパラ

プリパラの放送が終了しました…………………………………………………………………………。

 

(プリパラをこれから見ようと思っている人はがっつりネタバレしているので気をつけて)

 

そりゃあTVシリーズなのでいつか終わるも知れないのは分かっていたけど
やっぱりずっと追いかけていたシリーズなので喪失感がものすごい。
アニメなんて長くても2クールが主体で2期を待ってるもの以外すぐに忘れ去っていくようなものばかりなので
こんなに長くキャラも話もハマったのは初めてかも知れない
というか前例が思い出せない…
ケロロ軍曹とかだと5,6年はやってたか…
ケロロって…。

 

まあ深夜アニメというより
いつまでも続くようなアニメだったので本質としてはケロロに近いのかもしれん。テレ東系列だし。
なにより今週もしれっと放送してそうな雰囲気がある(2018/03/31時点)

プリパラ(1期~3期)とアイドルタイムプリパラ(1期)なので
4年放送してたんだけど、実際に見始めたのは2期がはじまったあたり
弟が楽しそうに見ていたので噂は前より聞いていたから試しに見てみようということになり……という経緯。

2期の初めあたりだとまだナベシンが絵コンテにいたり三重野瞳が脚本にいたりしたので
今よりもいい感じの狂いっぷりでぶっ飛んでた記憶がある
ちなみに1期についてはNetflixで全話見たので把握済みです。

正直言ってしまうと、元々こういうCGのライブ演出とか割と馬鹿にしてた
(本当に申し訳ないが、プリリズシリーズのライブは放送時期若干チラチラみていたけど動きがぎこちなかった…)
プリパラも最初もちょっとそういうライブ演出に対して懐疑的な思いだったけど、
2期始まったあたりが、ちょうどアニメ業界全体のCGライブ表現のカンブリア爆発みたいな時期だったみたいで
プリパラが深夜アニメ、女児アニメ(業界全体)におけるCGモデルでのライブ演出を引っ張っていったような気がする
アイカツは視界に入れていません、なぜなら俺はプリパラのオタクだから………………………………………)

プリパラの各キャラの掘り下げとかもしてみたいけど
たぶん他に文章が上手い人が書いてくれているのでそっちを探して読んで欲しい

とりあえずそれぞれのシーズンごとの感想をしたためておきたい

まず1期、これはNetflixの配信で見たけど
らぁらがみれぃとそふぃを攻略してチームに迎えいれて
ボーカルドールという殻にらぁらが魂を宿すシーズンでしたね
そんなことはともかく
らぁらママがとても良い………………………………………………………
でもプリパラという世界観を構築する上では重要なシーズンだったけど
個人的にはあまり響かなかったな。

 

次に2期
キャラクターが1期よりも増えつつ、それぞれの持ち味を生かしつつ
そして少し狂っている……。

アルマゲドンはもちろんの事、ガァルル、ひびき。
1期の世界観をより深めるようなキャラクター配置だった。
そして、あじみ先生..................。

あの突飛なギャグ登場が今では当たり前になってしまったがけど、
あの人、初見はこれ出して良いキャラクターだったのか苦笑いしか浮かばなかったわ。

実際、このキャラ出して来週からプリパラのストーリーが成り立つのか?と不安要素の一員だったけど、シーズンの最後まで見てみれば、なんてことはない、ひびきの過去と密接に関連しているキャラクターだったね。
改めて、あじみ先生という独特な毒気があるキャラクターが2期の背骨であり、根幹であったような気がする。

だって森脇監督の作家性を煮詰めたようなキャラだったやん?

 

そしてどう紫京院ひびきというラスボスアイドルに凡才努力アイドルたちが立ち向かうか
地下に追いやられてもアイドルとしての矜持を持ち続けられるのかという
後半のセレパラ編は本当に良い。
キャラクターの個性がぶつかり合って、そのぶつかりあってできたエネルギーが物語の推進力になっていくのは凄すぎた。


上のガァルルの回(80話)で、女児アニメでボロボロ泣くオタクになってしまった………………………。

もちろんそれも良かったんだけど、他には
レオナの内面とか心情が分かるような回がこれぞ見たかったという感じだったな

全ては嘘、生きるというということは演じることとと嘯くひびきに
「あるがままです」と言い放つレオナ
ドロシーを捕らえたセレブリティ4に今まで見せたことのない怒りを吐露するレオナ

自分らしくあるがままに生きる事、なりたい自分になる事に恥ずかしさや、やましさを感じないレオナに性別を超えた気高さみたいなものを感じてしまった。

レオナまわりの言及に関しては下記ブログの方がかなり上手なので読んだほうが良い

そしてシーズンの最後、あれだけプリパラを蹂躙したひびきに対して
らぁらもみれぃも「ちっとも気にしてない」と言い放つあの胆力、あのブレなさ。
み~んなともだち み~んなアイドル!いうシリーズ通してのキャッチフレーズの持つ力強さを一番感じたシーズンだったような気がする。

最大級に好きなシーズンでした。

次に3期、キャラクターが2期よりも爆発的に増え
主役がらぁらからのん、ちり、ペッパー
ノンシュガーってのん(none)チリ(唐辛子)、ペッパー(胡椒)なので
甘くない三人組、これから甘くなる三人組なんですね最近気づきました。

 ちゃんこちゃんも劇場版に伴いCG化、
あじみ、ちゃんこ、コスモの女児アニメとは思えない個性が爆発したチームの登場
ステージに立つのは特別な女の子じゃなくても良い
プリパラはなりたいと思ったらいつでも誰でもアイドルになれるし
人とは違う個性があったら誰でも輝けるんですよ。

 特段、このシーズンでそれを主張しているわけではなく、
プリパラが今まで視聴者の気づかないうちに積み上げてきた、
そういうありかたを実感するシーズンだったかなと。

人とは違う個性があったら誰でも輝けるっていうのは
少しベクトルは違うんだけど
うさくんの「マコちゃん絵日記」のごっちゃんの心情を主人公が察するシーンを思い出すんだよな
あと「もしもし、てるみです。」のカラオケのシーン。
人とは違う個性があったら誰でも輝けるというよりも
輝くべきだと俺はそう思う。
いいからMake it!を聴け。

 というか、神アイドルを決める1点において重要というか、
プリパラ全体の決め手になったようなシーズンだったように思います。
ストーリー上はノンシュガー頑張ってたけど
神アイドルグランプリだとノンシュガー置いてけぼりで
SoLaMi♡SMILEが実力で神になってしまい、ちょっとかわいそうではあったけどね。

 次に4期
どうするんだこれ、更地からのスタートで、女子はアイドルも禁止されていて
男子プリパラというのが実権を握っていて…という
DARK SOULSの「もたざるもの」状態で始まるプリパラだったけど
そういう絶望的な状態から、パルチザン的にゲリラ的にレジスタンス的に
アイドル活動をしていくという更に地獄のような状態
ほら、ダンプリへ地下通路掘ったときにも白い安全帽かぶってたし…。

 そんな0からのスタートから、パラ宿を大賑わいにして、チーム結成、時の女神よりも強大な時の妖精を目覚めさせてパックの暴走も食い止めるという。なかなか曲芸じみたストーリーラインだった。

そして何より、キンプリという前例があったにせよ、ウィズの男性CGキャラクターがライブをするというプリパラで今まで無かった事をこなしていたのが凄い。

 後は、みあの参戦によりプリティリズムバースが強力に密接したこともプリリズの歴史としては凄いのでは?一応パラレルワールド扱いでたまに劇場版でコラボするとかだったのに。

そりゃあコスモさんは元々出てたけど。

今までのプリパラのメインチームがゆい、にの、みちるのバックについて話を運ぶ構成も
新キャラの魅力と元々いたキャラの魅力を同時に引き出すことに繋がっていて良かった。

そして、ガァララとしゅうかがプリパラというシステムそのものに友情を引き裂かれてしまうというあの回は、本当に胸が張り裂けそうな気持ちになったよ…。

 あと、正直4期はドレッシングパフェのために用意されたシーズンだった。
新曲演出震えたし、さわやかな涙が出てきちゃった
3期の最終話のしおんのセリフがラストにちゃんとつながってくるのが本当にアツい

と言った感じ。 

好きなシーズンを順番に並べると
2期、4期、3期、1期

まだまだ忘れてしまっていることとか、言い足りないことたくさんあるけど
このへんで。

プリパラを見ていなければキンプリにも、プリリズシリーズにも出会うことがなく
今よりも全然充実してない状態だった気がする
プリパラによって3年間人生が20パーセント位満たされていた、そんな気持ちで今このブログを書いています。

4年間(俺にとっては3年間)おつかれさまでした。

 

ゆめかわ!

 

夢川ゆいさん…………………………………………………………………………

ノブリスオブリー汁

f:id:mayoee:20180313013535j:plain

ナナチかわいいね

 

特におすすめしたい映画や本はありません

嘘です。

 

ていうか少女終末旅行が完結したんですよ。

 

終末モノって投げっぱなしエンドが多いよねという感想。

 

 

終末世界ってそれ自体が絶対に折り畳めない風呂敷みたいなものだし

仕方ないといえば仕方ないんだけど。

それはそれとしてつくみず氏の次作が気になる(描くよな?)

 

遊びも趣味も何もかも、何が楽しいのかもちょっと不安になってきた。

そりゃアニメ見たり映画見たり模型作ったりしてたらその時は楽しいけど

俯瞰したら所詮、生産された製品、サービス、モノ、コトを消費してるだけの

ただのタンパク質の塊だし全部が全部無味に感じてくるんだよな。

 

あとね俺無能なんじゃないか、最近になって常にそういうことばっかり考えている

 

技量とか能力の有無とかじゃなくてなんか世渡り的な?

軽い多動的な?

 

とにかく生きるのが下手

数秒前のこと変に気にしたりするし

 

youtu.be

でも、無能の人が一番強いって

こいつも

f:id:mayoee:20180313015313j:plain

 

こいつも言ってたし

f:id:mayoee:20180313015413j:plain

多分大丈夫だよ。

 

 

 

ダメじゃねえか

 

 

 

katsuragi-jiken.com

www.kurobas.com

 

高貴な人間は腋からノブリスオブリー汁を噴射する

発酵打算

「間抜け」と言うと角が立つけど

「間が抜けてる」というとあまり角が立たないことに気づきました。

 

 

 

 

ぶたちゃんのCGをVRチャットにちゃんとした形で

インポートできたので喜んでいます。

f:id:mayoee:20180225225418p:plain

f:id:mayoee:20180225225425p:plain

f:id:mayoee:20180225225511p:plain

 

 

ボーンの設定と大きさの調整と、口の形がマイクと連動できるかどうか試してみたい

 

最近買ったおすすめアメコミ紹介します。

サンストーン vol.1
サンストーン vol.1
posted with amazlet at 18.02.25
ステファン セジク
G‐NOVELS
売り上げランキング: 13,471

要約すると顔のいいSMボンデージフェチの女どうしが

ボンデージセックスをするまでの過程と、”後戯*1”を楽しむ過程を描いた

超能力者もビジランテも何も出てこないLGBTの日常を赤裸々に描写したアメコミ

 

 

良かったのは、

一見LGBTとか特殊性癖とか現実から乖離した界隈のキャラクターの漫画だと

考えてしまうんだけど、そんなのはあまり関係なく、

人と人との心の繋がりが丁寧に描写されるので、

女性同士が!!という描写の生々しさよりも

こうすれば気持ちいいよね、これはやめて欲しい

というセーフゾーンを互いに引き合うような漫画だったんですよ。

 

ハリネズミのジレンマなんて言葉があるけど、

この漫画は針と針との最適な距離感を手探りで見つけ出すような漫画だったな。

 

所詮自分ではない”他者”とどう折り合いをつけていくか

なんて考えたらこの作品のテーマってマイノリティ関係なく

全人類に当てはまるんじゃないか?って思った。

(俺に足りない要素だ………………………………………………。)

絵もきれいだし、安いし、興味ある人は是非。

 

最近Valhalla含めこういうレズビアン描写のある作品に触れがち

(興味はあるけど、別段傾倒するほどではないレベル)

レンタルでお嬢さん借りてきたので今週中に観ないと…

 

一緒に買ったスーパーマン・アメリカンエイリアンも内容に期待していたけど

またリランチものだったので意外なキャラが出てくる以外は、

肩透かしくらってしまった。

ただ、かなり読みやすかったので、

今スーパーマンの誕生譚読むとしたらこれがマストリードだと思う。

 

 

 

natalie.mu

大学の学祭の時に 藤岡弘、の講演?があって

例の映画*2の生命の授業の雰囲気そのままだったのを思い出した

そこに後から出会う人が一同に介していて、ある人が0話感があると呟いていたけど

そもそも藤岡弘、特異点なの結構面白くないですか?

そうでもないか

 

 

俺の映画のオールタイムベスト

1位がもともとパルプフィクション

これはどの映画も抜けないなと思ってたんだけど

一連のタランティーノの女性関連のスキャンダルによりその座が揺らいでいて

件のユマ・サーマンの告発で、一気にランク外になってしまったんだけど

 

もう一度フラットな気持ちで見直してみようと思って

最近見直したらやっぱ面白いんだよ

タランティーノ、アンタ天才だよ

こんな映画は1位だよ1位。1位にしないともったいないわ。

ということで1位に返り咲いています。(茶番感)

 

 

最近観た中で面白かった映画列挙します(レンタル含め)

コクソン
八甲田山
スリービルボード

以上です。

 

サンストーン!

 

最近ザワークラフト作りの事ばかり考えています

発酵 打算

タイトル回収

 

オチたか

プリーズノーキルミー

VA-11 Hall-A全エンド終わった

トロコンはしてないけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

バーフバリかなり良かったのでみんな見て

 

 

 

f:id:mayoee:20180204205620p:plain

 

特に伝えることがない

私信

調味料の小瓶を捨てようとしたらアルデルの小びんを思い出した。

 

ロボコップ4K爆音上映会が中止となり、せめてものお詫びとしてノベルティもらった。

もらえないと思っていたのでありがたい。

 

ありがとうジャンクハンター吉田

 

また企画を立ち上げてもらったら支援します。

あと、ブロブ坂上忍吹き替えが入ったBDのリリースまだ待ってます。

 

映画好きじゃない人と喋ってると、本当に最近の映画全然見てないっぽいのでこっちがおかしいんじゃないかと不安になってくるな。

怒りのデスロードとか全人類が履修済みの映画だと思ってた。

 

あ!ザ・ヴォイドが見たくて見たくて仕方なかったけど、

いつの間にか公開が決まっていて楽しみ。

公開されるということは日本版BDも期待してる。

www.youtube.com

 

ベネズエラ産のADVゲームVA-11 Hall-A が面白い

ベネズエラの国内状況↓と

 サイバーパンク的情緒が合体した

 

 

バーテンダーゲームなんですけど。

f:id:mayoee:20180120203657p:plain

ドロシーちゃん推し


f:id:mayoee:20180120203711p:plain

ただただダラダラ客と会話するゲームなので合わない人には苦痛かもしれないけど

文中から溢れ出る多文化リテラシーのレベルの高さが並じゃない。

 

ベネズエラのおたく侮れないし、

ツイッターの悪い百合ヤクザ界隈の人間、何故やらないのかがわからないので

気になった人はSteamで1500円で売ってるので今すぐ買おう

store.steampowered.com

で、オタクなので影響されやすいから、劇中で出て来る酒を買ったんや

ペルノー 700ml
Posted with Amakuri at 2018.1.20
ペルノリカール

実際は出てくる酒のまがい物なんですけど、

そこら辺は各自目の前にある機械で調べてほしい。

 

味は…と言うと俺にはとても飲めたものじゃなく、機械油?薬品系?

エスニックの塊みたいな酒だった。ただ友人H氏なら飲めると確信したので

押し付ける形で友人氏宅へ。

(友人氏宅へ行く前に飛ばしたドローンが壊れた)

 

H氏普通に飲めていたのでやっぱりなという感じだった。

(友人氏、これ結構高かったって言ったけどそこまでじゃないねごめん:私信)

 

ここでベネズエラ繋がりでとある交友関係が友人氏に発生したのですが

めんどくさいので書くのは控えておきます。

 

ベネズエラ産のVA-11 Hall-Aがなければ友人宅に行くことはなく、

ベネズエラ繋がりの交友関係も友人氏に発生しなかったので、何か運命的なものを感じたのでこの記事をしたためた。

 

多分ただの偶然。

 

ちなみにVA-11 Hall-Aはまだ未クリアです2018/01/20時点

 

あ、ファンファンファーマシィーよりヘリタコぷーちゃんのほうが好きだったな。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

おわり

英雄故事

突発的に死にたい!!!!!!!!!!!!!って思った時には

心の中の芽兎めうが死にたいめうって言ってくれる

 

今日は写真です。(スクショでは???)

 

チャイニーズ語べしゃりウーマン3人に囲まれている図です(興奮)この後、死んだんだよね…………………………。

f:id:mayoee:20180115214333p:plain

 

 

次はVRchatです

  

VRchatで描いたねこです

f:id:mayoee:20180115213543p:plain

VRchatで描いた横向きのぶたです

f:id:mayoee:20180115213614p:plain

これは外人にちんぽと屁を追記されたぶたです

f:id:mayoee:20180115213557p:plain

 

ご立派ァ!

 

VRチャット良いよ。

 

VIVEは持ってないけどね

 

新型が出るから買うと思う。

 

VIVEで映画見るんや。

 

f:id:mayoee:20180115215107j:plain

f:id:mayoee:20180115215129p:plain

 

モデリングした

 

映画、映画館行ったりセル版買ったりしてコンスタントに見てはいるけど、やはり時間がないのと2時間じっとしてるのが辛くなってきた。やばない?

年齢的にも余裕的にも見れる時に見とかないと。

 

ジャッキーチェンの映画3本買った

 

おわり